• ホーム
  • スタマイ
  • スタマイの駆け込み寺サイト♪お助け商品がいっぱいだよ♪

スタマイの駆け込み寺サイト♪お助け商品がいっぱいだよ♪

スタマイ

冷静とスタマイのあいだ

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
(うーん、この辺りは街灯も少なくて危ないかなあ……変に近道なんて考えないほうが良かったかも)早足で歩いていると、不意に後ろから来た車わ私の隣を通り過ぎた直後に停車する。「――ここで何してる」
「桧山さん!」高部座席の窓から覗く知った人の姿に、思わずほっとして力が抜けた。「あはは、こんばんは……」「……乗れ」「いいんですか?」「…………」返答はなく、桧山さんは静かにこちらを見据えながら待ってくれている。少し迷った後、私は素直に好意に甘えることにした。 (すごい)(こんな座り心地のいい後部座席があるなんて……さすが高級車)「どこへ行くんだ」
「あっ、ここから一番近い駅までお願いします」答えると、桧山さんはわずかな間を置いた後で運転手に私の家の住所を告げた。「あの……どうして」「どうして……?厚労省に戻らないのなら帰るんだろう」「それはそうなんですけど、私の自宅の住所――」思わず訊いてから、返された涼やかな視線を受け止めて私はハッとした。(そうだ、この人はRevelのリーダーで……)(関わり合いになる人間のことくらい、最低限調べたりしても不思議じゃない)「すみません、変なこと聞いちゃって」「だから、あの……拾ってくださってありがとうございます」「……下手にああいう場所をうろつくな」
「え……」(……これってもしかしなくても、心配してくれてるんだよね……?)「桧山さん、あの」「本当にありがとうございます」私は改めて、目の前の人の親切にお礼を告げた。その瞬間、何故か桧山さんが驚いたように軽く目を見開く。すぐにいつもの落ち着いた表情に戻ったけれど、無言が返され視線も逸らされてしまった。「桧山さん……?」不思議に思い、そっと隣を覗き込む。「……その顔で見るな」「えっ」「そんなこと言っても、生まれつきこの顔なんですけど……」「そうじゃない。……いい。何でもない」
素っ気なく言われて、つい勘違いをするほど……思い上がるつもりはない。(でも……ちょっとくらい喜んでもバチは当たらないよね)車窓から差し込む光に照らされた顔が、やっぱり心なしか赤くなっているようにも見えて――家に着くまでの時間が少しでも長くなればいい……と願わずにはいられなかった。 (*´艸`*)

スタマイ豆知識

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 「……やれやれ」昼間に処理しきれなかった書類の山を地道に切り崩す残業時間。けだるい空気が充満するオフィスの蛍光灯に向かって拳を突き出し、凝り固まった身体を伸ばす。(ここ最近、やけに忙しいこったねぇ)伸びたままの姿勢でぼそりと呟くと、ドッと疲れがあふれ出した。仕事モードのスイッチがオフになりかける。(これはいっそ仮眠した方が効率よくなるかねぇ?いんや微妙な量だな)「…やりきりますか」自分で自分を叱咤し、再び書類に目を落とす。その時、ノックの音がして、思いもよらなかった人物が顔を出した。「――あの……」「あれ?マトリちゃん」「忙しい時にすみません」「そうだねえ、忙しい俺に何か用?」「うっ、重ね重ね申し訳ございません」「……それで?」「えーっと、ですね……」マトリちゃんは何か言いたげな様子だ。だが言葉が発せられる気配はない。「用事がなければ帰ってくれる?あいにく取り込み中なもんで」今日じゃなければ、からかいの1つや2つしてあげてもいい。が、間が悪いことに今は少し忙しい。(……でもまあ、しょうがないか)「もじもじしなさんな、聞いてあげるから言ってみんさい」「もうすぐ休憩に入られるって聞いたんですが……」「そのつもりだったけど、やめたとこ」「それなら、終わるまで待ちま――」「でも気が変わった。休憩するからそのへんに座ったら?」そう促すとマトリちゃんは破顔し、おもむろにバッグを探り始め、やがて小さな箱を取り出した。「あの、今日はこれを渡しに来たんです」「ん?なにこれは」「その……バレンタインなので」「ああ、そういえば」すっかり忘れていたが今日は2月14日。バレンタインデーだ。「本当に律義でご苦労なこった」「いえ、ほんの気持ちです。いつもお世話になっていますから」「ほーん、お世話がいらないくらい有能な子だったらもっと助かるんだけどねぇ」「うっ……。精進します」「はいはい。本当に真面目だねえ、マトリちゃんは」「まあいいや、ありがとさん」そんな他愛のない言い合いをしながらもチョコを受け取った。(やっぱり、休憩なんてとるもんじゃなかった)この子と喋っている時間は、ひどく無駄で、そしてちょっと心地いい。(とうとう俺も焼きが回ったか)「あっ……お茶、淹れますね!」「ん?」「ちょっと待っててください」何故だか彼女は慌ててそんなことを言いだした。止める間もなくそそくさと給湯室に向かっていく彼女の背中を見る。(ほーん、今すぐ食べて欲しいってこと?)(遠慮してたかと思いきや、こういうところやっぱり犬みたいなんだから) ――程なくして、熱い湯のみを持って戻ってきた彼女と二人、休憩スペースに座った。「じゃあ、もらうけど」「どうぞどうぞ」綺麗にラッピングされた小さな箱を丁寧に開けていく。「ほーん、見た目は悪くない」カカオの匂いを嗅ぎ、一粒口に入れる。口内いっぱいに痺れるような甘味が広がった。疲れて糖分を欲してたせいか、やけに美味く感じる。脳が眩暈を起こしているような感覚に酔いしれて、いっそ安堵感すら覚えるようなこの刺激は、いったいどこから湧いてくるものか。そんなことを思うと不意に、向かいに座ったマトリちゃんと目が合う。「……」(そんな顔で凝視されちゃあねぇ…)「どう、ですか?」「うーん……」(言い淀んだ途端、あからさまに不安そうな顔して。面白い子だこと)「服部さん?」「……マトリちゃん、さっきから顔がうるさい」俺はニヤリと笑い、チョコをつまんで彼女の口に押し付ける。「……!?」「味が気になるなら、自分で食べてみんさい?」「ほんな……!」チョコを頬張りもごもごしている彼女に思わず笑みがこぼれてしまう。俺はそんなマトリちゃんの頬をムギュッとつまみ、「――美味しかったよ。ありがとさん」「……!!」なるべく優しく聞こえるようにそう言うのだった。残業の夜のチョコレートの甘さに溶けていく――お蔭でまたしばらく仕事に精が出せそうな、そんな気がした。 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚キャ━━(#゚ロ゚#)━━ッ!!耀さん目線!!いいっす!! ちゃんと、チョコ受け取ってくれんですね♡しかも包みを丁寧に開けてくれるなんて…(*´艸`*)

[広告] 楽天市場

  • サーモス 水筒 350ml JNR-350 名入れ対応 送料無料 プレート カスタマイズ THERMOS タンブラー ボトル 真空断熱ボトル ステンレスボトル カバー 直飲み 軽量 保温 アウトドア 旅行 ギフト プレゼント 子供水筒 贈り物 プレゼント サーモス名入れ マグボトル 幼稚園 小学生
  • HP 8200 Elite SFF 【Core i7-2600 4GBメモリー 大容量500GB 光学ドライブ DisplayPort 正規版Officeソフト付き】 中古デスクトップパソコン 中古パソコン Windows7/Windows10 中古デスクトップPC Win10 デスクトップパソコン
  • 【送料無料】【2017年モデル】ブリヂストン ゴルフ ヘッドカバー HCG800/BRIDGESTONE GOLF
  • 【正規品】ライトハウスフレキシリード)ヴァリオ コード 8mグレー S(90400237)
  • 組み合わせキッチン棚 【送料無料】 日本製 食器棚 完成品 120幅 組み合わせ キッチン収納 レンジ台 キッチン収納棚 キッチン 収納 スリム 棚 キッチンラック コンセント レンジラック ハイタイプ キッチンボード 120 ラック レンジボード おしゃれ 【大型商品】
  • カラバリゴルフマーカー[クリップマーカー]★ネームタグ!キャディーバック!ゴルフボール!バッグ!父の日!母の日!かっこいい!キャディーバッグ.【楽ギフ_包装】【楽ギフ_メッセ】【楽ギフ_名入れ】
関連記事