大冠用品のことならお任せください

大冠

男はだまって大冠。

大阪大会準決勝で私立の強豪上宮高校を下し、決勝戦進出を決めた府立大冠(おおかんむり)高校


ユニフォームは純白で、胸の左側に漢字縦書で「大冠」と書かれている

大冠高校は高槻市にあり、国道170号線(通称大阪外環状線)の西方にある
大冠高校は、漫才コンビのシャンプーハットのこいで君の出身校である
高槻市には大冠町と言うところがあるが、大冠高校は大冠町からは西に外れた大塚町にある。
大冠高校は、淀川にかかる枚方大橋北の近くにあり、高槻市の学校ながら阪急京都線高槻市駅より京阪電車枚方公園駅からの方が近い。
枚方大橋経由で、阪急高槻市駅前と京阪枚方市駅前を結ぶ京阪バスが、大冠高校に近い大阪外環状線(外環)を走っている。
しかし、このバス路線は枚方大橋と国道170号線と171号線が交差する八丁畷交差点が慢性的に渋滞するため、距離以上に時間がかかるのだ
ちなみに、高槻市にある高校で甲子園に出場したのは、上牧にある金光大阪だけである。

大冠 らいよんチャンネル

 夏の甲子園地方大会は東東京、神奈川、富山、石川、愛知、岡山の6つの地方大会で決勝戦が開催されました。夏の甲子園東東京大会決勝戦が明治神宮球場で開催され、二松(にしょう)学舎大附属vs東海大高輪台の対戦カードとなった試合は、2回表に二松(にしょう)学舎大附属はノーアウト・ランナー2塁3塁の場面で松江京がライト前へのタイムリーヒットで1点を先制すると、1アウト・ランナー満塁の場面で鳥羽晃平がセンター前への2点タイムリーヒットで追加点を入れて3-0とすると、追加点が入って以降の1アウト・ランナー1塁2塁の場面で平間陸人がセンター前へのタイムリーヒットで1点を追加して4-0とすると、点差が広がって以降の1アウト・ランナー1塁2塁の永井敦士の打席の場面で1塁ランナーの平間陸人と2塁ランナーの鳥羽晃平がダブルスチールを成功させて2人のランナーが1つ次の塁へと進塁して1アウト・ランナー2塁3塁となった場面で永井敦士はデッドボールを受けて出塁となり1アウト・ランナー満塁となった場面で畠山大豪の内野ゴロの打球の処理をしたセカンドの大久保兼匠がバックホームして鳥羽晃平はホームでフォースアウトとなり2アウト・ランナー満塁となった場面で秋広涼太がショートへのタイムリー内野安打で1点を追加となり、この回に5点を先制すると、3回表には1アウト・ランナーなしの場面で永野志弥がデッドボールを受けて出塁となり1アウト・ランナー1塁となった堀川尚希の打席の場面で永野志弥が2塁へと盗塁して1アウト・ランナー2塁となった場面で堀川尚希はフォアボールを選んで出塁となり1アウト・ランナー1塁2塁の場面で鳥羽晃平のセカンドゴロ併殺崩れで2アウト・ランナー1塁3塁となった場面で平間陸人がピッチャー強襲の内野安打で1点を追加して6-0とすると、追加点が入って以降の2アウト・ランナー1塁2塁の場面で永井敦士が左中間フェンス直撃の2点タイムリー2ベースヒットで追加点を入れ、この回に3点を追加して8-0としましたが、その裏に東海大高輪台は2アウト・ランナーなしの場面で石川俊太朗がフォアボールを選んで出塁となり2アウト・ランナー1塁となった青木海斗の打席の場面で石川俊太朗が2塁へと盗塁すると、キャッチャーの松江京の2塁への送球が悪送球となり石川俊太朗は3塁へと進塁して2アウト・ランナー3塁となった場面で青木海斗はフォアボールを選んで出塁となり2アウト・ランナー1塁3塁となった場面で米澤藍がレフト前へのタイムリーヒットで1点を返して8-1と7点差に詰め寄りましたが、5回表に二松(にしょう)学舎大附属は、この回の先頭打者の鳥羽晃平の内野ゴロの打球の処理をしたセカンドの大久保兼匠のエラーで鳥羽晃平が1塁へと出塁すると、次の打者の平間陸人の打席の場面で鳥羽晃平が2塁へと盗塁してノーアウト・ランナー2塁となった場面で平間陸人はショートゴロで1塁塁上でアウトとなると、その次の打者の永井敦士は三振に終わり2アウト・ランナー2塁となった場面で畠山大豪がレフト前へのタイムリーヒットで追加点を入れて9-1とすると、5回以降の東海大高輪台の反撃を二松(にしょう)学舎大附属のエースの市川睦が無得点に抑えて9-1で二松(にしょう)学舎大附属が勝利して3年ぶり2度目の甲子園切符となり、東海大高輪台の春夏通じて初めての甲子園出場の夢を序盤からの猛攻で打ち砕きました。

 夏の甲子園岡山大会決勝戦の創志学園vsおかやま山陽の再試合が倉敷マスカットスタジアムで開催され、試合は1回裏におかやま山陽は1アウト・ランナー1塁3塁の場面で井元将也がレフト前へのタイムリーヒットで1点を先制すると、先制点が入って以降の1アウト・ランナー満塁の場面で小松章浩がレフト方向への2点タイムリー2ベースヒットで追加点を入れて3-0とすると、点差が広がって以降の1アウト・ランナー2塁3塁の場面で松岡晃平がレフトフライでアウトとなった直後に3塁ランナーがタッチアップからホームへと突入して生還となり1点を追加となり、この回に4点を先制すると、4回裏にはノーアウト・ランナー1塁3塁の場面で片岡晃大がセンターフライでアウトとなった直後に3塁ランナーがタッチアップからホームへと突入して生還となり1点を追加して5-0とすると、1アウト・ランナー2塁3塁の場面で岡田淳芳がセカンドゴロで1塁塁上でアウトとなる間に3塁ランナーが生還して1点を追加となり6-0とすると、2アウト・ランナー3塁の場面で森下浩弥がセンター前へのタイムリーヒットで追加点を入れ、この回に3点を追加して7-0とすると、7回裏には1アウト・ランナー3塁の場面で井元将也がライト前へのタイムリーヒットで追加点を入れて8-0とすると、追加点が入って以降の1アウト・ランナー1塁の安部諒の打席の場面で井元将也が2塁へと盗塁して1アウト・ランナー2塁となった場面で阿部諒は三振に終わり2アウト・ランナー2塁となった場面で小松章浩がレフト前へのタイムリーヒットで追加点を入れ、この回に2点を追加して9-0としましたが、9回表に創志学園は2アウト・ランナー1塁2塁の場面で金山昌平がライト方向への2点タイムリー2ベースヒットで9-2と7点差に詰め寄りましたが、後続の打線を9回からリリーフ登板した2年生の有本雄大が無得点に抑えて9-2でおかやま山陽が勝利して春夏通じて初めての甲子園出場となりました。なお、今日開催された夏の甲子園地方大会の残りの4つの地方大会決勝戦のうち、夏の甲子園神奈川大会決勝戦は東海大相模vs横浜の対戦カードとなり9-3で横浜が勝利して2年連続17度目の甲子園切符に、夏の甲子園愛知大会決勝戦は中京大中京vs栄徳の対戦カードとなり9-1で中京大中京が勝利して2年ぶり28度目の甲子園切符に、夏の甲子園富山大会決勝戦は高岡商業vs高朋の対戦カードとなり8-2で高岡商業が勝利して2年ぶり18度目の甲子園切符に、夏の甲子園石川大会決勝戦は遊学館vs日本航空石川の対戦カードとなり5-2で日本航空石川が勝利して8年ぶり2度目の甲子園切符となりました。

 夏の甲子園大阪大会ベスト4が開催され、2年ぶりにベスト4へと勝ち上がった大冠(おおかんむり)は上宮と対戦となり、試合は3回表に大冠(おおかんむり)は1アウト・ランナー2塁の場面で丸山惇がレフト方向へのタイムリー2ベースヒットで1点を先制すると、5回表には2アウト・ランナー1塁2塁の場面で飯隈亮太がセンター前へのタイムリーヒットで1点を追加して
2-0とすると、追加点が入って以降の2アウト・ランナー1塁2塁の場面で寺地広翔がセカンド強襲の内野安打で1点を追加となり、この回に2点を追加して3-0としましたが、6回裏に上宮は2アウト・ランナー1塁2塁の場面で三田壮一朗がレフト前へのタイムリーヒットで1点を返して3-1と2点差に詰め寄りましたが、7回以降の上宮の反撃を大冠(おおかんむり)のエースの丸山惇が無得点に抑えて3-1で大冠(おおかんむり)が勝利して初の決勝戦進出となり、夏の甲子園大阪大会での公立校の決勝戦進出は、1998年の第80回記念大会から大阪は10年に一度の記念大会では北大阪と南大阪の2地区に分かれて地方大会が開催されて出場校を決めており、これを含めると1998年の夏の甲子園北大阪大会で準優勝した桜塚以来19年ぶりの公立校の決勝戦進出に、2校が全国大会に出場できる記念大会を除くと1995年の夏の甲子園大阪大会でPL学園に惜しくも敗れて古豪復活果たすも戦後初の夏の甲子園出場を惜しくも逃がした市岡以来21年ぶりの公立校の決勝戦進出となりました。果たして、大冠(おおかんむり)は1990年の渋谷(しぶたに)以来27年ぶりの公立校の甲子園出場校が大阪府から出るのか!?決勝戦にも注目が集まります。

 夏の甲子園大阪大会ベスト4の残り1試合は春のセンバツ決勝戦でも対戦があり、昨年の秋の新チーム発足から今回が春のセンバツ決勝戦、昨年の秋季高校野球大阪大会ベスト4での対戦で公式戦で二度対戦があった大阪桐蔭vs履正社の対戦カードとなりました。過去の公式戦での対戦成績1勝1敗での三度目の対戦となった試合は、3回表に大阪桐蔭は2アウト・ランナー2塁の場面で藤原恭大がレフト前へのタイムリーヒットで1点を先制しましたが、その裏に履正社は1アウト・ランナー1塁の場面で西山虎太郎が左中間方向へのタイムリー2ベースヒットで1-1の同点に追いつくと、2アウト・ランナー2塁の場面で若林将平がレフト前へのタイムリーヒットで勝ち越しに成功して1-2とすると、勝ち越し点が入って以降の2アウト・ランナー1塁2塁の場面で片山悠がセンター前へのタイムリーヒットで1点を追加となり、この回に3点を入れて1-3としましたが、4回表に大阪桐蔭は1アウト・ランナー2塁3塁の場面で根尾昴がセカンドゴロで1塁塁上でアウトとなる間に3塁ランナーが生還して1点を返して2-3と1点差に詰め寄ると、5回表には1アウト・ランナーなしの場面で徳山壮磨がレフトスタンドへのソロホームランで3-3の同点に追いつきましたが、6回裏に履正社は1アウト・ランナー1塁3塁の場面でピンチヒッターとして打席に入った白瀧恵汰がレフトフライでアウトとなった直後に3塁ランナーがタッチアップからホームへと突入して生還となり1点を勝ち越して3-4としましたが、7回表に大阪桐蔭はノーアウト・ランナー2塁の場面で福井章吾が右中間方向へのタイムリー2ベースヒットで4-4の同点に追いつくと、同点に追いついて以降のノーアウト・ランナー2塁の場面で中川卓也がセンター方向へのタイムリー2ベースヒットで勝ち越しに成功となり、この回に2点を入れて5-4と逆転すると、9回表には1アウト・ランナー1塁3塁の場面で根尾昴がライト方向への2点タイムリー2ベースヒットで追加点を入れて7-4とすると、追加点が入って以降の1アウト・ランナー3塁の場面で坂之下晴人がセンターフライでアウトとなった直後に3塁ランナーがタッチアップからホームへと突入して生還となり1点を追加となり、この回に3点を追加して8-4とすると、その裏の履正社の反撃を大阪桐蔭の徳山壮磨が3人で終わらせてゲームセットとなり、8-4で大阪桐蔭が勝利して決勝戦進出となり、履正社はベスト4敗退に終わり、安田尚憲の高校生活最後の夏も今日で終わりました。

[広告] 楽天市場
  • “ワッペン屋さんラボ オリジナルワッペン” 大冠とってもお似合いの猫様 ワッペン(アイロン接着タイプ)
  • 大小百合(百合二重唱)/ 十大冠軍曲 (CD) 台湾盤
  • バレエティアラ【大冠ヘアアクセサリー】003発表会衣装/バレエ小物
  • バレエティアラ【大冠ヘアアクセサリー】003発表会衣装/バレエ小物
  • バレエティアラ【大冠ヘアアクセサリー】003発表会衣装/バレエ小物
  • 【メール便送料無料】V.A./ 2016華語舞曲玩很大冠軍精選 (CD) 台湾盤 Play Dance
関連記事